早漏改善!ダポキセチンの簡単な解説

早漏とははっきりと定義化されている訳ではないのですが、基準としては勃起してから15秒以内であったり、ピストンの回数が3から5回程度で射精してしまうのを早漏としています。
早漏な事で生命に危機が生じたりする事はないですが、パートナーを満足させてあげられないと悩んだり、早漏である事がコンプレックスとなり女性に対して消極的になってしまうなどの問題が生じる事はあります。
そんな早漏ですが、薬によって改善することが可能なのです。
早漏改善に役立つ成分としてダポキセチンというものがあります。
簡単な解説をすると、ダポキセチンは元々うつ病に対する薬として使用されていたものです。
生体リズムや睡眠、体温調節などに関与するセロトニンというものが人間の体内にはあるのですが、ダポキセチンはこのセロトニンを活発化させる作用があるのです。
セロトニンが活発化されると、リラックス状態になり興奮状態を抑える事が出来るのです。
男性の勃起機能などは、メンタル面の影響をかなり強く受ける事が分かっています。
ダポキセチンの作用によって、射精する時間を長くする効果が分かっているのです。
海外のデータによると、早漏な男性がダポキセチンを服用した場合、通常と比較すると射精までの時間が3から4倍以上も長くなるとなっています。
かなり効果の高い早漏改善薬であり、安全性も高いです。
使い方も非常に簡単で、性交渉の1時間前ほどに服用するだけで効果が期待出来ます。
今までの早漏改善というと、麻酔剤などのクリームを塗って早漏改善効果を狙っているものが多かったですが、ダポキセチンはそういったものと違い、性感を鈍らせるという事が無いので安心して使用する事が可能です。