更年期障害で早漏に、制限が必要な治療薬は注意

女性が満足しないうちに射精してしまう早漏は、男性としての自信を失いがちですが、心的な要因で起きることも多いため、あまり意識しすぎないようにすることです。

早く達してしまわないために、昔から様々な方法が考えられていますが、無理に射精を何度も止めていると今度は射精障害になってしまうこともあるので、体の機能に負担がかかる方法は避けて制限しなければなりません。

早漏対策として用いられる薬に、抗うつ薬があります。服用することで高い効果が得られることは実証されていますが、抗うつ薬は神経や精神に作用する薬でもあるため、多用すると副作用が起きる可能性が高く、使用には制限があります。

ダポキセチンなどの早漏治療薬として考えられた薬であっても、過度の利用は良く無くほどほどに制限しながら使った方が良い人もいます。体質によって効果が出すぎてしまったり、慣れて効かなくなるタイプの人は、医師の指導を受けながら使うべきです。

男性も更年期障害があって、男性器などが老化してしまっても早漏になることがあります。若返らせるためには、男性ホルモンを活性化させる必要がありますが、体毛が濃くなったり頭髪の薄毛が進む、特定の病気を発症しやすくなったりもするので、薬を使って更年期障害を治したいときには、健康の管理をしながら実施することが肝心です。

男性ホルモンのテストステロンを配合した早漏防止薬の軟膏があって、局所麻痺剤が感度を鈍くして射精を遅らせるようにするもので、亀頭に直接塗って使います。更年期障害で減退した性機能がテストステロンの補充によって改善が期待できます。局所麻痺剤にアレルギーがある人もいるため、使用前には少量を肌などに塗ってみて、赤くなったりしないか確かめてから使うようにします。